電気・精密機械を扱う仕事の魅力

機械検査技能士の職務内容は?

機械検査技能士の職務内容としては、機械の部品や作動機構の適切性を検査することがメインになりますが、工場生産の現場において、生産ラインにおけるそれぞれの工程の精度を測定したり、恒温室内の精密な測定をしたりすることは安定した生産をするために非常に重要です。一般にはあまり知られていない職務内容ではあるものの、機械検査技能士は製品の製造において重要な上、常に必要とされる職種の1つであるので人気も高まってきています。

国からも機械検査技能士の国家資格が認定されており、難易度別に3級と2級と1級、そして特級のランクが存在します。この機械検査技能士の資格の取得方法として気を付けるべきポイントは、2級以上のランクには一定の受験資格が設定されているということです。3級は受験料さえ支払えばだれでも受験することが可能ですが、2級を受けるためには実務経験を2年以上積むか3級に合格しなければなりません。更に、1級を受けるためには7年以上もの実務経験を積むか、2級の合格後に2年以上あるいは3級の合格後に4年以上の実務経験を積む必要があります。そして、最高難易度の特級は1級合格後に5年以上の実務経験を積む必要があるので受験するまでにかなりの時間が必要です。ただし、2級と1級の受験資格に定められている実務経験は一定の学歴を保持している場合は免除になったり必要年数が減らせたりするので、事前に確認することをおすすめします。

もう1点、取得方法として留意しておくべきポイントは、資格試験の内容が大きく分けて2種類となっていて、筆記試験のみならず実技試験で実際に作業を行い評価してもらう必要があるということです。筆記試験の出題範囲は、3級から1級では概ね同様で、測定法や検査法や品質管理、機械要素や機械工作法や材料力学等の幅広い分野の基本的な知識が必要となります。一方で、特級では出題範囲が大きく異なっており、工程や作業や原価の管理、作業指導や設備管理等、比較的管理職に必要とされる知識が試される内容です。実技試験の内容も、3級から1級では機械検査作業が中心になりますが、特級では作業や原価管理、安全衛生管理や設備管理など、やはり管理業務を中心とした技能が試されます。このように、機械検査技能士の資格をとるためには、難易度が違うことはもちろんのこと、それぞれの階級で出題範囲も若干異なっているということに注意をして、正しい対策をすることが大切です。

関連記事