電気・精密機械を扱う仕事の魅力

機械・プラント製図技能士の職務内容は?

機械系の職業についている方であれば、機械・プラント製図技能士という職業について一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、その職務内容について詳細に理解しているという人はあまり多くはないことと思います。簡単に解説すると、機械・プラント製図技能士の職務内容は、工場で使用する機械やプラントの製図を行うことです。機械・プラント製図技能士は製図を行うための能力はもちろん必要ですが、それに加えて機械的な知識や設計的な知識も求められる非常に専門戦の高い職業です。

機械・プラント製図技能士の国家資格として、難易度別に3級と2級と1級の資格が認定されていますが、その取得方法として注意すべきポイントがいくつかあります。まず、3級に関しては決まった受験資格はないので誰でも申し込みをすれば受験可能ですが、2級と1級には一定の受験資格が定められているので確認が必要です。2級の試験を受けるためには実務経験2年以上または3級試験への合格が求められ、最も難易度の高い1級に関しては7年以上の実務経験又は2級合格後に2年以上、あるいは3級合格後に4年以上の実務経験が必要になります。ただし、一部例外措置としてある一定の学歴を保持する受験者に対してはこれらの実務経験の条件が免除になったり、必要年数を減らしてもらえたりする場合もあるので、もし工業高校や工業大学などの専門学校の学歴を保持している場合にはあらかじめ例外措置に値するかを確認するのがよいでしょう。

この機械・プラント製図技能士の資格の取得方法について、知識を問われる学科試験のみならず技術を試される実技試験が存在するということを覚えておくべきです。学科試験の出題範囲は3級から1級までおおむね同様であり、共通科目として製図一般や材料、材料力学一般や溶接一般や関連基礎知識の科目があります。更に、選択科目としては機械製図手書き作業や機械製図CAD作業、プラント配管製図作業の中から選択して回答する方式です。

実技試験に関しては3級から1級までそれぞれ違った課題が出題され、いずれも実技試験問題及び課題図から指定された部品の図を手書きで作成することが求められますが、1級では実技試験問題に計算問題が含まれるという特徴があります。このように、機械・プラント製図技能士の資格を取得する際には受験資格やそれぞれの階級の試験出題範囲などに留意して対策をするように心がけましょう。

関連記事