電気・精密機械を扱う仕事の魅力

光学機器製造技能士の職務内容は?

光学機器製造技能士という職種については一般の人にはあまり聞き慣れないでしょう。まず光学機器というのは具体的にはカメラや望遠鏡、顕微鏡や内視鏡などの機器のことを指し、実は普段の生活の中でも身近なものです。そして、光学機器製造技能士の職務内容はその名の通り、これらの光学機器の製造であり、高い専門性が必要となる職種です。職務内容の詳細はそれぞれの会社によっても異なりますが、国家資格として光学機器製造技能士の試験が存在するので、この資格を取得していると比較的就職や転職にも有利に働きます。

スコープ光学機器製造技能士の取得方法として、まず受験資格を満たす必要がありますが、光学機器製造技能士の資格には3つの階級が存在し、難易度の低い順から2級と1級と特級があります。そして、2級を受験するためには実務経験が2年以上基本的に必要になりますが、一部学歴によって実務経験が不要となる場合も存在するので、自分が当てはまるかどうかは適宜確認が必要です。1級の受験には原則7年以上の実務経験又は2級合格後に2年以上の実務経験が求められますが、こちらも学歴により一部免除されるケースもあります。特級の受験に際しては必ず1級合格後5年以上の実務経験が必要なことからも、その難易度の高さがうかがえます。

また、取得方法として押さえておきたいポイントは、光学機器製造技能士検定には学科試験と実技試験の2種類があり、それぞれ3100円と16500円の受験料が必要という点です。1級や2級の学科試験においては光学や光学機器製造、品質管理や製図や安全衛生などに関する一般知識が問われるほかに、選択科目として光学ガラスの研磨方法や、光学機器組み立て法に関する知識が試されます。実技試験においては主に光学ガラスの研磨作業や機器の組み立て作業を行う必要があります。

特級の検定においてはそれぞれの難易度がより高くなり、学科試験では作業指導や設備管理などについての知識も問われますし、実技試験では工程や品質管理のほかに原価管理や安全衛生管理に関する幅広い技術のアピールが必要です。このように、光学機器製造技能士の職務内容は意外と私たちに身近な物であり、国家資格も存在するので、職務内容が気になっているという方は、まずは関連する求人募集内容を調べたり、資格試験の参考書などを閲覧したりしてみると良いでしょう。より光学機器製造技能士についての理解が深まるのではないでしょうか。

関連記事