電気・精密機械を扱う仕事の魅力

電気・精密機械に関連する仕事にはかなりの幅広い種類があり、取り扱っている商品としては私たちの暮らしに身近な家電製品、オーディオやビデオ機器、カメラやコンピューターなどを始めとして、業務用の産業電子機器や重電機や宇宙関連機器など様々なものがあり、将来性の非常に高い分野です。電気・精密機械の仕事の具体的な業務内容としては、まず生産職や製造職などと呼ばれる業務があり、これらの職種のスタッフは適切な製造のための原材料の調達から市場ニーズに合わせた生産計画を立てて製造を行い、適切な品質管理を行います。大量生産をするほど生産コストは下がる傾向がありますが、その分品質管理が粗雑にならないように気を付ける必要があるので、大量生産と少量生産のバランスを上手く保つテクニックが重要になる職種です。その他にも品質管理を担当する品質管理職や新たな製品の開発に取り組む技術開発職、設計を担当する機械・電子機器設計職など様々な職種が合同で業務に取り組んでいます。

電気・精密機械の仕事に就くためには、色々な方法がありますが、一般的なのは工業高校や工業大学に入学し、入学後にそのまま希望の業務に就職するパターンです。工業大学や工業高校においては、電気・精密機器業界の現状に合わせた特殊なカリキュラムが組まれているため、入社後に即戦力として役に立てることができる知識やスキルを効率よく学ぶことができます。しかし、必ずしも全員が工業大学や工業高校出身の従業員であるわけではなく、中には電気・精密機械関連の業務をこれまで行ったことが無い未経験のスタッフも存在しますし、未経験のスタッフを積極的に募集している会社も多いです。

資格取得のため勉強する男性電気・精密機械関連の分野においては、色々な種類の資格が存在し、実際の業務内容により近い資格を取得することで就職やその後の昇給・昇格などが有利になる場合もあるので、キャリアアップを考えるのであれば資格の取得も検討するのがおすすめです。このように、電気・精密機械の仕事は身近なものから専門機器まで様々な商品の物づくりに携わることのできる、非常に将来性が高く魅力的な職種で、多くの会社が存在します。工業高校や工業大学の卒業生はもちろんのこと、未経験の方でも活躍しているスタッフはたくさんいますし、資格を取ることによって更に将来のスキルアップにもつなげることができるので、職業の1つとして選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事